マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)とは

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)とは

【キャンペーン情報】MOS公認のeラーニング講座「[el]:school(エルスクール)」の月額制プランで、なんと申込月の受講料無料キャンペーンが実施されています。エルスクールの独自レビュー&申込みはこちら

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)とは

マイクロソフトオフィススペシャリストは<mos>と略され、
マイクロソフト社が認定するマイクロソフトオフィスに関する国際資格です。

 

実際には、エクセルワードなどマイクロソフトオフィス製品に関する
実践的なスキルと幅広い知識を認定することになります。

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト資格を取得すると、「マイクロソフトオフィスのソフトを使いこなすことができる」ということを、客観的に証明することになります。

 

パソコンスキルを客観的に証明できる!
取得したMOS技術で作業効率がアップする!
就職・転職時の実力アピールに!

 

マイクロソフトオフィスは、現在では、企業で最も
一般的に活用されているパソコンソフトになります。

 

マイクロソフト オフィスは産業界で最も広く使われているアプリケーションですが、
ほとんどの人はその機能を活用しきれていません

 

ある調査では、ほとんどの人が機能のうち2割程度しか使っていないという結果が出ています。

 

一方で、MOS資格認定を受けた学生や社員は、さまざまな機能や活用法をよく知っています。その分、生産性が高く、よりよい仕事ができるということです。

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)資格を取得しているということは、企業で、
一般的に使用するパソコンを、実務的に使用できるということを証明しているということになり、
事務系の就職や転職の際に非常に有利です。

 

それだけでなく、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)を有している人が多いと、

 

企業やチームにとっても、貴重な財産となります。

 

ExcelやWordは企業事務では必須のソフトですが、実際は使いこなせる人って少ないんですよね〜。

スポンサードリンク

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)とは関連ページ

MOSの種類
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、マイクロソフト社が、販売しているオフィス製品、ワード(ワープロソフト)、エクセル(表計算ソフト)、アウトルック(電子メール、情報管理ソフト)、パワーポイント(プレゼンテーションソフト)、アクセス(データベース管理ソフト)、ウィンドウズヴィスタ(オペレーティングシステム)の6種類に分類されます。
MOSの難易度
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、実のところ、そこまで難しい試験ではありません。
MOSの名称変更
2007年、マイクロソフトオフィス製品とのつながりが分かりやすく、認識されやすいよう、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)と、名称が変更されました。
MOSのレベル
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)のワードとエクセルに関しては、スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)という2つのレベルがあります。
MOSの知名度
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の認知度は、世界各国で高く、全世界で、マイクロソフトオフィスのスキルを、証明することができます。 国内だけでなく、海外で、働きたいという人にも、有利な資格です。

ホーム RSS購読 サイトマップ