マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の名称変更

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の名称変更

【キャンペーン情報】MOS公認のeラーニング講座「[el]:school(エルスクール)」の月額制プランで、なんと申込月の受講料無料キャンペーンが実施されています。エルスクールの独自レビュー&申込みはこちら

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の名称変更

以前は、マイクロソフトオフィスユーザースペシャリスト(mous)、マイクロソフト認定アプリケーションスペシャリスト(mcas)という名称で資格試験が行われていましたが、2007年、マイクロソフトオフィス製品とのつながりが分かりやすく、認識されやすいよう、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)と、名称が変更されました。

 

マイクロソフトオフィスユーザースペシャリスト(mous)

マイクロソフト認定アプリケーションスペシャリスト(mcas)

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos) 【現在】

 

mcasとmos(2007)の試験内容は同一のものになります。

 

mcasの認定証を持っている場合、現在の正式名称【マイクロソフトオフィススペシャリスト】と履歴書などに記載しましょう。

 

合格認定証に記載されている名称と異なっていても、問題はありませんし、

 

現在では、デジタル認定証の名称がmosに変更されていますので、
自分でmosのデジタル認定証を印刷することも可能です。

 

また、試験問題の変更は一切ありませんので、mcas用対策テキストは
mos(2007)用対策テキストとして、利用可能です。

スポンサードリンク

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の名称変更関連ページ

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)とは
マイクロソフトオフィススペシャリストは、mosと略され、マイクロソフト社が認定するマイクロソフトオフィスに関する国際資格です。
MOSの種類
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、マイクロソフト社が、販売しているオフィス製品、ワード(ワープロソフト)、エクセル(表計算ソフト)、アウトルック(電子メール、情報管理ソフト)、パワーポイント(プレゼンテーションソフト)、アクセス(データベース管理ソフト)、ウィンドウズヴィスタ(オペレーティングシステム)の6種類に分類されます。
MOSの難易度
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、実のところ、そこまで難しい試験ではありません。
MOSのレベル
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)のワードとエクセルに関しては、スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)という2つのレベルがあります。
MOSの知名度
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の認知度は、世界各国で高く、全世界で、マイクロソフトオフィスのスキルを、証明することができます。 国内だけでなく、海外で、働きたいという人にも、有利な資格です。

ホーム RSS購読 サイトマップ