マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の知名度

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の知名度

【キャンペーン情報】MOS公認のeラーニング講座「[el]:school(エルスクール)」の月額制プランで、なんと申込月の受講料無料キャンペーンが実施されています。エルスクールの独自レビュー&申込みはこちら

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の知名度

MOSは世界でも通用する国際資格

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、世界共通の認定資格になります。

 

MOSの認知度は、世界各国で高く、全世界で、マイクロソフトオフィスのスキルを、証明することができます。

 

国内だけでなく、海外で、働きたいという人にも、有利な資格です。

 

日本企業への就職でアピールできる資格

 

また、日本国内においても、現在、企業で使用している基本的なパソコンソフトは、マイクロソフトオフィスです。

 

会社の書類などは、ほとんどマイクロソフトオフィスを利用して作られています。デザイン系や音楽系など特別は企業の場合はMACを使っている企業もありますが、限られた企業だと考えても問題ないでしょう。

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、資格の内容が非常に実務的な内容であるということから、ビジネスシーンでは、企業側に、非常に強く求められている資格の一つになります。

 

すなわち、社会人として、マイクロソフトオフィスの基本的なスキルを持っていることを、企業に手早く証明できるツールということです。

 

こういった理由から、就職や転職の際にも役立ち、さらに、人気が高まっています。

スポンサードリンク

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の知名度関連ページ

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)とは
マイクロソフトオフィススペシャリストは、mosと略され、マイクロソフト社が認定するマイクロソフトオフィスに関する国際資格です。
MOSの種類
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、マイクロソフト社が、販売しているオフィス製品、ワード(ワープロソフト)、エクセル(表計算ソフト)、アウトルック(電子メール、情報管理ソフト)、パワーポイント(プレゼンテーションソフト)、アクセス(データベース管理ソフト)、ウィンドウズヴィスタ(オペレーティングシステム)の6種類に分類されます。
MOSの難易度
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、実のところ、そこまで難しい試験ではありません。
MOSの名称変更
2007年、マイクロソフトオフィス製品とのつながりが分かりやすく、認識されやすいよう、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)と、名称が変更されました。
MOSのレベル
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)のワードとエクセルに関しては、スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)という2つのレベルがあります。

ホーム RSS購読 サイトマップ