マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の難易度

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の難易度

【キャンペーン情報】MOS公認のeラーニング講座「[el]:school(エルスクール)」の月額制プランで、なんと申込月の受講料無料キャンペーンが実施されています。エルスクールの独自レビュー&申込みはこちら

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の難易度

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は実のところ、そこまで難しい試験ではありません

 

マイクロソフトオフィスの基本的な操作が、間違いなく、きちんとできる、基礎的な知識を身に付けている、それを証明するのが、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)なのです。

 

すなわち、マイクロソフトオフィスのソフトの
基本的な操作方法を覚えてしまえば、合格可能ということです。

 

マイクロソフトオフィス機能を全て使いこなせるというよりは、
基本の操作は一通りできる>という感じですね。

 

計算して、答えを導き出すような試験とは違い、出題された課題に対して、マイクロソフトオフィスのソフトを正確に扱えることができればよいのです。

 

もちろんそこまで難しくないと言っても、それなりの試験対策が必要です。

 

普段から、使い慣れている人であれば、それほど練習時間は必要ありませんが、実際に、パソコンを使用して、受験する形式になりますので、練習をして、パソコン操作に慣れることが重要です。

 

1回の試験で何人といった合格者数の枠もありません。
学習、練習すればするだけ、合格に近づくことができます。

スポンサードリンク

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の難易度関連ページ

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)とは
マイクロソフトオフィススペシャリストは、mosと略され、マイクロソフト社が認定するマイクロソフトオフィスに関する国際資格です。
MOSの種類
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、マイクロソフト社が、販売しているオフィス製品、ワード(ワープロソフト)、エクセル(表計算ソフト)、アウトルック(電子メール、情報管理ソフト)、パワーポイント(プレゼンテーションソフト)、アクセス(データベース管理ソフト)、ウィンドウズヴィスタ(オペレーティングシステム)の6種類に分類されます。
MOSの名称変更
2007年、マイクロソフトオフィス製品とのつながりが分かりやすく、認識されやすいよう、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)と、名称が変更されました。
MOSのレベル
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)のワードとエクセルに関しては、スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)という2つのレベルがあります。
MOSの知名度
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の認知度は、世界各国で高く、全世界で、マイクロソフトオフィスのスキルを、証明することができます。 国内だけでなく、海外で、働きたいという人にも、有利な資格です。

ホーム RSS購読 サイトマップ