マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の種類

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の種類

【キャンペーン情報】MOS公認のeラーニング講座「[el]:school(エルスクール)」の月額制プランで、なんと申込月の受講料無料キャンペーンが実施されています。エルスクールの独自レビュー&申込みはこちら

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の種類

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、マイクロソフト社が、販売しているオフィス製品、ワード(ワープロソフト)、エクセル(表計算ソフト)、アウトルック(電子メール、情報管理ソフト)、パワーポイント(プレゼンテーションソフト)、アクセス(データベース管理ソフト)、ウィンドウズヴィスタ(オペレーティングシステム)の6種類に分類されます。

 

ワード(ワープロソフト)

エクセル(表計算ソフト)

アウトルック(電子メール、情報管理ソフト)

パワーポイント(プレゼンテーションソフト)

アクセス(データベース管理ソフト)

ウィンドウズヴィスタ(オペレーティングシステム)

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、バージョン毎に試験が行われています。

 

つまり、ワード2007とワード2010は、バージョンが違いますので、
別資格ということになります。

 

ワード2010に合格したからといって、ワード2007に合格したということにはなりません。

 

あまりにも古いバージョンの資格は、あまりアピールにはなりませんが、
基本的な使用方法に、それほど差はありませんので、
ある程度、ワードを使いこなすことができると判断されることが多いでしょう。

 

マイクロソフトの製品はバージョンアップしても、
基本的な機能は昔からそれほど大きく変わりませんからね。

スポンサードリンク

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の種類関連ページ

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)とは
マイクロソフトオフィススペシャリストは、mosと略され、マイクロソフト社が認定するマイクロソフトオフィスに関する国際資格です。
MOSの難易度
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、実のところ、そこまで難しい試験ではありません。
MOSの名称変更
2007年、マイクロソフトオフィス製品とのつながりが分かりやすく、認識されやすいよう、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)と、名称が変更されました。
MOSのレベル
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)のワードとエクセルに関しては、スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)という2つのレベルがあります。
MOSの知名度
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の認知度は、世界各国で高く、全世界で、マイクロソフトオフィスのスキルを、証明することができます。 国内だけでなく、海外で、働きたいという人にも、有利な資格です。

ホーム RSS購読 サイトマップ