マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)のレベル

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)のレベル

【キャンペーン情報】MOS公認のeラーニング講座「[el]:school(エルスクール)」の月額制プランで、なんと申込月の受講料無料キャンペーンが実施されています。エルスクールの独自レビュー&申込みはこちら

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)のレベル

エクセルとワードに関しては上級レベルもあり!

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)のワードとエクセルに関しては、スペシャリスト(一般)エキスパート(上級)という2つのレベルがあります。

 

エキスパートレベルを受験する際に、必ずしもスペシャリストレベルに合格している必要はありません。

 

スペシャリストレベルは、普段仕事で使用する機能の使い方を十分にマスターしていれば、そう難しくはないはずです。

 

エキスパートレベルは、スペシャリストレベルを含めた知識、スキルと共に、スペシャリストレベルに比べ、より高度な機能を理解し使いこなせるかどうかが判断されます。

 

実際、かなりマニアックな問題も出題されますので、普段からマイクロソフトオフィスを使い慣れている人であっても、受験勉強は必須になります。

 

バージョン2007に関しては、2010や2003のスペシャリストレベルに比べると、若干出題範囲が広く、他のバージョンのスペシャリストとエキスパートの中間レベルの問題設定がされています。

スポンサードリンク

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)のレベル関連ページ

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)とは
マイクロソフトオフィススペシャリストは、mosと略され、マイクロソフト社が認定するマイクロソフトオフィスに関する国際資格です。
MOSの種類
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、マイクロソフト社が、販売しているオフィス製品、ワード(ワープロソフト)、エクセル(表計算ソフト)、アウトルック(電子メール、情報管理ソフト)、パワーポイント(プレゼンテーションソフト)、アクセス(データベース管理ソフト)、ウィンドウズヴィスタ(オペレーティングシステム)の6種類に分類されます。
MOSの難易度
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、実のところ、そこまで難しい試験ではありません。
MOSの名称変更
2007年、マイクロソフトオフィス製品とのつながりが分かりやすく、認識されやすいよう、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)と、名称が変更されました。
MOSの知名度
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の認知度は、世界各国で高く、全世界で、マイクロソフトオフィスのスキルを、証明することができます。 国内だけでなく、海外で、働きたいという人にも、有利な資格です。

ホーム RSS購読 サイトマップ