マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験概要

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験概要

【キャンペーン情報】MOS公認のeラーニング講座「[el]:school(エルスクール)」の月額制プランで、なんと申込月の受講料無料キャンペーンが実施されています。エルスクールの独自レビュー&申込みはこちら

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験概要記事一覧

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験内容

試験は全てパソコンを使った実技試験マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験は、全てパソコンを使っての実技試験となります。合否は、即日、試験終了直後に判定されます。試験結果は、試験終了直後に、合否結果が、パソコン上に表示される仕組みとなっています。筆記や論文などは、一切ありません。試験レベ...

≫続きを読む

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験範囲

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験には、種類、バージョン、レベルに応じて、それぞれ試験範囲が設定されています。つまり、試験範囲以外の問題は出題されないということです。それぞれの試験範囲に違いがありますので、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の公式サイトで、正確な情報を確...

≫続きを読む

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験時間と問題数

試験時間は各科目50分間マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の制限時間は、いずれも50分間です。出題数は、科目、バージョンによって、若干の違いがありますが、15問から45問程度となっています。科目、バージョン毎の正確な情報は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の公式サイトで確認...

≫続きを読む

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の合格点と合格率

合格点は、科目によって異なり当てはまらない場合もありますが、1000点満点で、550点〜850点、試験問題の更新毎に合格点が異なるとされています。世界標準を維持する為か、合格ラインには、その都度、若干の変更があるようです正答率は90パーセントを目指しましょう!80%の正解率で合格という説が有力で、マ...

≫続きを読む

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の申し込み方法

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、全国一斉試験と随時試験の二種類で、受験方法が異なります。いずれも、全国各地のパソコンスクール、あるいはコンピュータ系の専門学校で試験が行われます。MOS全国一斉試験の概要試験実施日毎月1〜2回(いずれかの日曜日)お申込み期間試験日ごとに設定の申込受付...

≫続きを読む

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)申し込み後のキャンセル・変更につい...

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の受験は、申し込み後に試験日、科目、バージョンのキャンセルや変更、特に個人的な理由による場合の対応は、一切認められておらず、返金にも応じることはできません。また、申し込み方法に違いがあるため、一斉試験、随時試験に関わる変更や振り替えも同様に、受け付けは不...

≫続きを読む

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の受験料金

受験料金は結構高いです。マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の受験料は、科目、レベルに応じて、若干異なってはいるものの、おおよそ10,000円から12,500円の間で設定されています。1科目の受験料金 10,000円〜12,500円受験料は全国一律共通となっているので、試験会場によって料金...

≫続きを読む

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)再受験について

受験前には、あまり考えたくはありませんが、MOS試験が不合格であった場合はどのようにすればいいのでしょう。モチベーションを維持するために、再試験の間隔は空けずに、受験をしたいと望む受験者も少なくはありません。しかし、MOSの再受験にはルールが決められているので、このルールを調べ、十分に理解する必要が...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ