マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験範囲

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験範囲

【キャンペーン情報】MOS公認のeラーニング講座「[el]:school(エルスクール)」の月額制プランで、なんと申込月の受講料無料キャンペーンが実施されています。エルスクールの独自レビュー&申込みはこちら

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験範囲

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験には、種類、バージョン、レベルに応じて、それぞれ試験範囲が設定されています。
つまり、試験範囲以外の問題は出題されないということです。

 

それぞれの試験範囲に違いがありますので、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の公式サイトで、正確な情報を確認しておきましょう。

 

MOS公式サイト【試験科目と範囲】

 

それぞれの試験範囲も、そう広くはありませんので、十分な試験対策ができます。
マイクロソフトオフィスで通常利用できるヘルプ機能は、試験中は使用できません。

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の受験を考えている人は、面倒であっても、必ず、自分の受験する試験範囲の項目すべてに目を通しておきましょう。

 

機能の存在自体を知っていても、普段、あまり使用しない機能だと、忘れていて、間違えたり、てこずってしまうことがあります。

 

試験に使用するパソコンには、操作のすべてが記憶されてしまいますので、間違った操作は減点対象となります。

 

試験科目 バージョン
Word

(文書作成ソフト)

Word 2010 スペシャリスト Word 2010 エキスパート
Word 2007(共通) Word 2007 エキスパート
Word 2003 スペシャリスト Word 2003 エキスパート
Excel

(表計算ソフト)

Excel 2010 スペシャリスト Excel 2010 エキスパート
Excel 2007(共通) Excel 2007 エキスパート
Excel 2003 スペシャリスト Excel 2003 エキスパート
PowerPoint

(プレゼンテーション ソフト)

PowerPoint 2010
PowerPoint 2009
PowerPoint 2003
Access

(データベース管理ソフト)

Access 2010
Access 2007
Access 2003
Outlook

(電子メール・情報管理ソフト)

Outlook 2010
Outlook 2007
Outlook 2003
Windows Vista

(オペレーティングシステム)

Office 2007

スポンサードリンク

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験範囲関連ページ

MOSの試験内容
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験は、すべて、パソコンを使っての実技試験となります。
試験時間と問題数
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の制限時間は、いずれも50分間です。
合格点と合格率
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の合格点は、科目によって異なり、科目によっては、当てはまらない場合もありますが、1000点満点で、550点〜850点、試験問題の更新毎に合格点が異なるとされています。
申し込み方法
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、全国一斉試験と随時試験の二種類で、受験方法が異なります。
申し込み後のキャンセル・変更について
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の受験は、申し込み後に試験日、科目、バージョンのキャンセルや変更、特に個人的な理由による場合の対応は、一切認められておらず、返金にも応じることはできません。
受験料金
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の受験料は、科目、レベルに応じて、若干異なってはいるものの、おおよそ10,000円から12,500円の間で設定されています。
再受験について
受験前には、あまり考えたくはありませんが、万が一、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験が不合格であった場合はどのようにすればいいのでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ