マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の受験料金

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の受験料金

【キャンペーン情報】MOS公認のeラーニング講座「[el]:school(エルスクール)」の月額制プランで、なんと申込月の受講料無料キャンペーンが実施されています。エルスクールの独自レビュー&申込みはこちら

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の受験料金

受験料金は結構高いです。

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の受験料は、科目、レベルに応じて、若干異なってはいるものの、おおよそ10,000円から12,500円の間で設定されています。

 

1科目の受験料金 10,000円〜12,500円

 

受験料は全国一律共通となっているので、試験会場によって料金が異なるということは一切ありません。

 

実際、自分が受験する科目、レベルの正確な受験料は、
公式サイトなどに掲載されているので、確認し、把握しておく必要があります。

 

全国一斉試験の場合、クレジットカード、郵便局、銀行での振り込み、
書店や大学生協で支払うことができます。

 

随時試験の場合、支払い方法も各試験会場で異なりますので、
直接、試験会場へ確認する必要があります。

 

確実に一回で合格しておきたい。

 

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の受験料は
決して安いというわけではありませんので、
しっかりと受験対策をして、確実な合格を目指したいものです。

 

受験料が高額な分、それだけ知名度が高く、価値の高い資格と言えます。

スポンサードリンク

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の受験料金関連ページ

MOSの試験内容
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験は、すべて、パソコンを使っての実技試験となります。
MOSの試験範囲
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験には、種類、バージョン、レベルに応じて、それぞれ試験範囲が設定されています。
試験時間と問題数
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の制限時間は、いずれも50分間です。
合格点と合格率
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の合格点は、科目によって異なり、科目によっては、当てはまらない場合もありますが、1000点満点で、550点〜850点、試験問題の更新毎に合格点が異なるとされています。
申し込み方法
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、全国一斉試験と随時試験の二種類で、受験方法が異なります。
申し込み後のキャンセル・変更について
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の受験は、申し込み後に試験日、科目、バージョンのキャンセルや変更、特に個人的な理由による場合の対応は、一切認められておらず、返金にも応じることはできません。
再受験について
受験前には、あまり考えたくはありませんが、万が一、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験が不合格であった場合はどのようにすればいいのでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ