マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)再受験について

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)再受験について

【キャンペーン情報】MOS公認のeラーニング講座「[el]:school(エルスクール)」の月額制プランで、なんと申込月の受講料無料キャンペーンが実施されています。エルスクールの独自レビュー&申込みはこちら

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)再受験について

受験前には、あまり考えたくはありませんが、MOS試験が
不合格であった場合はどのようにすればいいのでしょう。

 

モチベーションを維持するために、再試験の間隔は空けずに、
受験をしたいと望む受験者も少なくはありません。

 

しかし、MOSの再受験にはルールが決められているので、
このルールを調べ、十分に理解する必要がでてきます。

 

例えば、2回目までは、同一科目の再受験に関して、特別な規則は設けられてはいませんが、3回目の受験以降になると試験日の間隔を前回の受験から7日間以上空ける必要があります。

 

再受験2回目までは規制なし!

3回目以降は前回の受験から7日以上経過!

 

もし、受験者がこの規則に反してしまった場合には、これまでに取得済みのマイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)に関する認定の取り消しや、受験資格の永久喪失といった厳しい厳罰が与えられることもあります。

 

再受験の際は、前述のような点に十分注意しましょう。

スポンサードリンク

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)再受験について関連ページ

MOSの試験内容
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験は、すべて、パソコンを使っての実技試験となります。
MOSの試験範囲
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験には、種類、バージョン、レベルに応じて、それぞれ試験範囲が設定されています。
試験時間と問題数
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の制限時間は、いずれも50分間です。
合格点と合格率
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の合格点は、科目によって異なり、科目によっては、当てはまらない場合もありますが、1000点満点で、550点〜850点、試験問題の更新毎に合格点が異なるとされています。
申し込み方法
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、全国一斉試験と随時試験の二種類で、受験方法が異なります。
申し込み後のキャンセル・変更について
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の受験は、申し込み後に試験日、科目、バージョンのキャンセルや変更、特に個人的な理由による場合の対応は、一切認められておらず、返金にも応じることはできません。
受験料金
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の受験料は、科目、レベルに応じて、若干異なってはいるものの、おおよそ10,000円から12,500円の間で設定されています。

ホーム RSS購読 サイトマップ