独学で、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)

独学で、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)

【キャンペーン情報】MOS公認のeラーニング講座「[el]:school(エルスクール)」の月額制プランで、なんと申込月の受講料無料キャンペーンが実施されています。エルスクールの独自レビュー&申込みはこちら

MOSは独学でも合格可能!

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、実は、独学であっても、十分に合格できる資格です。実際に、独学で、資格を取得する人は、たくさんいます。

 

独学の場合、自分で、書店などで、テキストを購入し、自分のペースで学習する必要があります。
購入の際は、必ず、MOS用の、自分が受験する科目、バージョンのテキストを購入しましょう。

 

他のテキストで代用するのは、試験対策としては、不可能です。

 

 

必ずMOSテキストのバージョンを確認する事!

 

自宅で自分の意思で学習していくために意思の弱い人には、向いていません。

 

学校の受験の時に自宅だと全然勉強が進まないという方はいませんか?(…私ですが)

 

そういった方は独学よりもスクール・通信講座の方がモチベーションを保ちやすいと思います。

 

もともとスキルのある人なら簡単に合格も!?

 

日常的に仕事でパソコンを使っている人、ある程度、パソコンを使いこなせて、
不明な点を、自分でパソコンで調べることができるくらいのスキルを持った人であれば、

 

1〜2ヶ月程度

 

独学で学習すれば、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)に合格できるでしょう。

 

独学での学習は、もっともお金のかからない学習方法であることは確かです。
独学での学習のメリット、デメリットを十分に把握し、自分に合った学習方法を選びましょう。

スポンサードリンク

独学で、マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)関連ページ

MOSの学習方法
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)学習方法ですが、パソコンを触ったことがない、仕事でパソコンを使うことがない、パソコン操作に慣れていないというのであれば、スクールへ通うことをおすすめします。
試験当日必要な物
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)試験当日必要になってくるものは、受験者IDとパスワード、顔写真付きの身分証明書、受験票の3点です。
試験当日のトラブル対処法
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)試験日当日、何らかの事情で、試験に行くことができないという可能性は、少なからずあります。
結果の発表について
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験結果は、試験終了直後に、試験で使用したパソコン画面上に表示されます。

ホーム RSS購読 サイトマップ