マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)試験当日のトラブル対処法

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)試験当日のトラブル対処法

【キャンペーン情報】MOS公認のeラーニング講座「[el]:school(エルスクール)」の月額制プランで、なんと申込月の受講料無料キャンペーンが実施されています。エルスクールの独自レビュー&申込みはこちら

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)試験当日のトラブル対処法

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)試験日当日、何らかの事情で、試験に行くことができないという可能性は、少なからずあります。
また、受験者本人都合の受験日程の変更は一切できないことになっています。

 

しかし、いずれにしろ、試験当日、試験へ行くことができないというトラブルが起こった時点で、なるべく早く、カスタマーサービスもしくは、試験会場へ連絡をしましょう。
天災や車両故障による交通機関の乱れなどであれば、別の日に再試験を受けられることもあります。
事前に連絡のないまま、試験の受付時間に遅れた場合、欠席扱いとなり、どんな事情であっても、試験日の振り替え、受験料の返金はできません。

 

試験中に、パソコンが壊れて、対応しなくなってしまったというトラブルの場合は、必ずその場で係員を呼び、指示を仰いで下さい。
予備のパソコンも設置してあるはずですし、それでも受験不可能な場合は、別の日に再受験という可能性もあります。
しかし、試験終了後に報告があっても、対応はできません。

スポンサードリンク

マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)試験当日のトラブル対処法関連ページ

MOSの学習方法
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)学習方法ですが、パソコンを触ったことがない、仕事でパソコンを使うことがない、パソコン操作に慣れていないというのであれば、スクールへ通うことをおすすめします。
独学で勉強する
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)は、実は、独学であっても、十分に合格できる資格です。
試験当日必要な物
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)試験当日必要になってくるものは、受験者IDとパスワード、顔写真付きの身分証明書、受験票の3点です。
結果の発表について
マイクロソフトオフィススペシャリスト(mos)の試験結果は、試験終了直後に、試験で使用したパソコン画面上に表示されます。

ホーム RSS購読 サイトマップ